イナリ畏み、カシコミ

独立したら行きたいと思っていた茨城県の笠間稲荷。現世利益を願うならここ以外にありえないと思う。

数少ないガチスポ。

仕事仲間の親子と一緒に訪れた。

朝4時、夕日のような朝日をみながら出発。

日曜の朝なのに、、日曜の朝だからか、、人なく、静かだった。天気はよくて、暑くなりそうな日差しだった。

8時からの祈祷を予約していた。

僕ら以外にお一人様を加え三件の祈祷に総勢8名の神職の皆様がかしこみかしこみ申してくれました。

大祓の祝詞、笠間稲荷の祝詞を奏上するたび、祓戸の神やらうかのみたまらやら、稲荷やら、狐やら、亀やら、ワニやらが集まってくる(不可視のものたち)、祝詞に血が騒ぐのか子ども達は落ち着かない様子(普通に飽きてるだけ)

細長い棒で叩く太鼓のリズムは、ロックのビート、なんだか笑えてきた。

約30分ほどの祈祷を終え、部屋移動。赤い絨毯に御膳が並んでる。

直会だった。

神饌の海、山の恵みをいただく。黒豆、さきいか、寒天、かんぴょう、神酒を少々、美味しかったです。

最後にお札等を頂戴して終了。

だいたい一時間弱。

なんだろ、肩甲骨のあたりと首の後ろがすっきりしました。

シガラミがなくなったのかな、、。

暑かったので神社前の仲見世通りでアイスやらかき氷やらを子ども達と食べる。ここのかき氷、でかいっ

横に大きさ比較に百円玉を置いておく。このかき氷の形がなんだか、稲荷の宝珠マークに似ている気がしません?

お昼は水戸にある回転寿司屋。ここは以前何度か訪れていて、とにかく安くてうまいっ、ここの味を知ってからは東京で回転寿司屋行けなくなりました

寿司屋なのに名物は寿司より高い自家製。今日は売り切れとのことで、杏仁豆腐をいただきました。これまたに劣らずうんまぁい

この店、人気店のようで、開店15分で店内満席。オススメのアジ、ヒラメ、青魚美味でした。

寿司を食べながら、祈祷を振り返る。

紙垂が金色だったなぁとか、神饌は葬儀の時と同じものを供えるんだなぁとか、本殿内に、四瑞獣の絵があったなぁと。

そこで『玄武を探せ』との不可視世界の声を聞いた。

玄武といえば、蛇の尾を持つ亀、北の方角を守護する

神獣、何かの本で読んだのかな、筑波山にいると記憶していたし、よめさんも同じことをいっていた。確かに、あのあたり一帯の地下に巨大な亀ぽい気配があるのを感じていた。今回も茨城の道を走っていて、亀の甲羅の上を走っているような感じだった。亀と接触するには頭を探さねばならない。携帯で茨城の地図を見ながら、ある場所に見当つける。

大洗磯前神社、、、。

大洗といえば戦車道アニメの聖地、あの蝶野正洋もファンらしい。

巨大絵馬もそうだけど、ここに飾ってある絵馬の約8割がこれ関係。キャラクターの絵が描いてある、どれも力作。実写の写真にCGキャラが合成された記念写真を張り付けている絵馬もある。

戦車道以外の方々を描いたものもある。

境内から海を望む風景が良かった

観光地化されていて、韓国だか中国からいらっしゃった団体様が手水舎の水をガブガブ飲んでいた。暑かったし、気温33度くらいあったし、水つめたくて気持ちよかったし、だからといってガブガブ飲むのか?

あ、手水舎の向こう側のなにかしらの石碑のとこ、、、、玄武の頭がある(不可視世界スコープ発動)

声かけると寝ぼけながらこちらをゆっくりと見上げた。

ーおはようございます、初めましておけといいます。笠間稲荷より紹介されて、あなたを探すよう言われました。

ゴンタくんのような声の返事が聞こえる。

だからなのか、寝起きだからなのか、本来のスペックなのか、わざとなのか、僕の偏見からなのか、、動きが映画ズートピアに出演されてるなまけものに似てる。

は僕の後ろを見ると察したようにゆっくり瞬きすると顔を戻した。

大洗を後にして高速にのる。本日もう一件行きたい所があった。

東京赤坂にある豊川稲荷神社東京別院

芸能の神として、縁切り稲荷として有名な神社。愛知県豊川市豊川稲荷から、大岡越前さんが分霊を祀ったのが始まり。

今年5月に縁切りとして僕はここに参詣していた。今回は無事に縁切りした報告とお礼参りの為に訪れた。

前回は境内の店で購入したお供えセットを備えたが、今回は自分で作った稲荷寿司を持参。お酒と共に備えた。

掴める手は限られている、新たに縁を結ぶならば何かと縁を切る。

僕の場合2年前よりお付き合いしていた会社と縁切りました。

ストレスフリーになったせいか、最近顔ツヤが良くなった気がする。睡眠時間も以前より取れるようになりました。深夜のお弁当屋のバイトで、オニギリ握りながら寝たり、お弁当に張るラベルに巻かれながら寝ることがなくなりました。

ありがとうございましたm(_ _)m

自宅に戻ると近所の競馬場より花火があがった。今夜は年に一度の東京競馬場の花火大会だったんだ。何かのドラマみたいなフィナーレで、そして始まりだった。

僕にとってのひとつの節目となった。

自宅で笠間稲荷で頂いた品々を見る。家内安全、交通安全、商売繁盛を祈祷して頂いた。交通安全ステッカーは今週末納車予定の軽自動車に張る予定だ。あとはお札等々祀る場所は考えることが新たな節目の第一歩なんだろうな。

頑張っていこう

あ、NHK朝の連ドラひよっこの舞台のひとつが茨城県ということであちこちに広告ポスターがあった。ドラマ内ではヒロインのお父さんが行方不明とあったが、とあるSAにていたよお父さんが、、

わかりにくいと思うが、写真右側の顔がてかってる彼はお父さんです、名前もあったので間違いなくご本人だと思われます。ヒロインのみねこさんに教えてあげなくてはっ