7チャージ730!7

チャージ730チャージななさんまるは、テレビ東京および系列局で2015年4月1日から2016年4月1日まで放送されていた朝の情報番組。このページでは、2016年4月4日から2017年3月31日まで放送されたMORNINGCHARGE2016年11月4日まではモーニングチャージモーニングチャージについても述べる。

チャージ730

モーニングチャージ

MORNINGCHARGE

2016年11月7日より番組の生放送に使用しているテレビ東京本社が入居する六本木グランドタワー

ジャンル帯番組/情報番組2016年11月4日まで報道番組経済報道番組2016年11月7日から

放送国日本

制作局テレビ東京

製作総指揮大信田雅二

監修村上和彦

プロデューサー工藤仁巳

出演者大橋未歩

林克征

ほか

オープニングDEPAPEPECharge&Go

エンディング同上

外部リンク番組Webサイト

チャージ730レギュラー放送

放送時間月-金曜日7:30-8:1545分

放送期間2015年4月1日-2016年4月1日253回

モーニングチャージMORNINGCHARGE

放送時間月-金曜日6:40-7:0525分

放送期間2016年4月4日-2017年3月31日

チャージ730パイロット版

放送時間金曜7:30-8:1545分

放送期間2015年3月6日1回

特記事項

2015年9月から16年3月までダイジェスト番組大橋未歩のチャージを放送テレビ東京のみ土曜日:7:00-7:30

テンプレートを表示

概要編集テレビ東京では2015年3月まで、他局が生放送による情報番組を編成している平日朝の7-8時台で、主に学童向けの収録番組や再放送番組を編成してきた1。しかし、同年4月改編で上記の方針を刷新。テレビ東京の報道局が初めて手掛ける本格的な朝の情報番組として、チャージ730の生放送を開始した2。

メインキャスターには、テレビ東京アナウンサーの大橋未歩を起用。2013年1月に脳梗塞を発症した大橋が帯番組にレギュラーで出演するのは、同年9月3日の復職後初めてであった34。

チャージ730時代編集テレビ東京での放送枠を、毎週月曜日から金曜日の7:30-8:15JSTに設定。7:58までの時間帯をネットセールス枠に充てたため、同局以外のネット局は、事実上7:58で放送を終了した。なお、テレビ東京ではチャージ730の開始を機に、2015年3月29日金曜日までネットセールス枠として編成していた平日午後のL4YOUプラスをローカルセールス枠に変更した。

日本テレビプロデューサーで、裏番組のスッキリなどを手掛けた村上和彦が監修ブレーンとして参加5。前半では、1つの項目を15秒から30秒までの間にまとめたうえで、放送当日の新聞に掲載された主な記事や気象情報などを伝えていた。後半では、ニュース新製品情報等を伝えるとともに、週末向けの情報やアンケート企画などを放送していた2。

番組プロデューサーの工藤仁巳によると、平日朝に各局で放送する情報番組は7時半を過ぎるとエンタメ、バラエティ色が強くなり、NHKの7時のニュースを見逃すと意外とニュースが確認できないと指摘した上で、ニュースもエンタメも必要な情報をコンパクトに、目で見ても、耳だけで聞いてもしっかり頭に残るように工夫するとしている。

ビデオリサーチが関東地区で実施している視聴率調査では、チャージ730を開始するまでの当該時間帯におけるテレビ東京の関東地区世帯平均視聴率が1以下略を切っていた。そのため、チャージ730では、目標の視聴率を3台に設定4。7:30になったらテレビ東京にチャンネルを合わせるという視聴習慣を定着させるべく、放送開始時間を表す730を番組タイトルに入れた2ほか、テレビ東京が本気で朝の視聴率を取りに行きますというキャッチフレーズを番組のPRに用いていた。しかし、レギュラー放送は視聴率04でスタート6。以降も、スッキリをはじめ、他局の先行番組の牙城を崩すまでには至らなかった7。

なお、番組開始から2015年9月25日金曜日放送分までは、女性のアイドル声優フリーアナウンサーから1名がチャージガールとして日替わりでレギュラー出演。天気予報や、後半のコーナーの進行を担当していた。翌週同月28日からは、チャージガールを全員卒業する代わりに、女性の気象予報士が天気予報を担当する体制へ移行。また、コメンテーターの担当曜日を固定した後述。

モーニングチャージへの変更後編集2016年4月4日月曜日からは、放送枠を毎週月曜日-金曜日の6:40-7:05に繰り上げたうえで、モーニングチャージと改題7。テレビ東京以外のネット局も、全編フルネットへ移行した。また、チャージ730終了時点でのレギュラー出演者を続投させる一方で、番組のコンセプトをテレビ東京だからこそお伝えできる得する身近な経済情報番組に変更した。

テレビ東京の高野学編成部長は、放送枠を繰り上げた理由について、チャージ730では、他局がずっと放送している番組への視聴習慣は強く、なかなか視聴者を獲得できなかった。ただし、平日早朝の生放送による本格的な情報番組の制作をあきらめたのではない。経済ニュース中心の内容で一定の視聴者層を築いているニュースモーニングサテライトと直結させることが、視聴者層の拡大や、新たな視聴者獲得への最善策ではないかと考えたと語っている7。

なお、730の時代から、番組の最後には、両手でグッドポーズを作ったものを顔のほうに向けて今日も一日、頑張っチャージと出演者全員で言うのがお約束になっていた。モーニングチャージに改題して以降はおはスタとステブレレスで繋がる関係で、時折おはスタの出演者がこのポーズを再び行ってからオープニングに入ったことがある逆に当番組でも出演者がおはスタの挨拶ポーズであるおーはーと言ってから終了することが時折あったが、このポーズやコールも2016年11月4日をもって廃止された但しTwitterの公式アカウント上で配信される裏モーニングチャージでは引き続きこのポーズとコールを使用。

MORNINGCHARGEへの変更、経済ニュース番組へ編集2016年11月7日にテレビ東京住友不動産六本木グランドタワーに新本社を移転したタイミングで、6:40ビジネスニュース起動を合言葉に本番組を経済ニュース番組に転換させ、タイトルロゴをモーニングチャージと表記していたのを英文字表記のMORNINGCHARGEに刷新した8但しEPG及び番組表は引き続きモーニングチャージを使用。これにより、同日から開始したゆうがたサテライトと合わせ、昼のMプラス11を除く平日のテレビ東京のニュース番組モーサテ本番組ゆうがたサテライトWBSは経済ニュース番組になった。これに伴い、モーニングチャージ時代のコメンテーター陣は前週の2016年11月4日で全員卒業となった。

2017年3月をもって放送終了し4月からはニュースモーニングサテライトに統合、当番組の一部出演者とスタッフは夕方のよじごじDaysを担当する。

出演者編集いずれの人物も、モーニングチャージMORNINGCHARGEで続投。

メインキャスターMC編集いずれも出演時点で、テレビ東京アナウンサー。

大橋未歩注1

林克征注2

リポーター編集浦まゆ2017年2月-、フィボナッチの向日葵月曜火曜担当

過去出演者編集コメンテーター編集レギュラーを降板した後も、ゲストコメンテーターとして出演することがある。

月曜日やくみつる注3、江川達也

火曜日西村和彦石井てる美

木曜日坂下千里子宇治原史規ロザン

モーニングチャージ時代のコメンテーター編集チャージ730時代の2015年9月28日放送分から、出演曜日を固定。

月曜日高田延彦

火曜日光浦靖子

水曜日水道橋博士浅草キッド

木曜日テリー伊藤9

金曜日天野ひろゆきキャイ〜ン

上記のタレントお笑い芸人以外にも、放送当日のテーマに応じて、文化人や経済マーケティング関連の有識者を随時コメンテーターに起用していた。チャージ730がモーニングチャージに変わった後も続投していたが、2016年11月7日を以て番組がリニューアルすることから、11月4日で全員卒業となった。

チャー