数流九星術真義初伝に学ぶ。

163ページの技法我が学ぶもの。

大運法の使い方のヒント。

四柱の技法であり、算命学にある技法、月干支を10年刻みにエネルギーを観てく。

太陽が木星に作るエネルギー暦日の変化は3日で十年の未来の種をまく。

この法則を発見した古代人が編み出した数理を元に発展した技法とわかる。

太陽は地球を360度にして回転させる。5日ずれて365日、すべては5日五度、ズレて、外れて変化する。

逆にコレが重なると逃げる事はできなくなる。

逃せない、相手を許せない、だから問い詰めてしまう。

甲己

乙庚

丙辛

丁壬

戊癸

完全を求めてくる者は自分より相手を追い詰める、それで結果できてきたと、過去を突き詰めてくる。

やがて自分も追い詰める、もう、終わりにしよう。と言いたがるのである。

不倫する奴は必ず此処にくる。

もう、終わりにしてすませばよいと生きるのだ。

だから、次も追い詰める、自分も相手の家系もすべてが終わるのだ。

わたしが不倫するなんて、思っても見なかった。人殺しは、殺すつもりはなかったと多くがほざく。

お前が誰かの魂を殺せば、また、誰かが苦しみお前の一族が苦しみを背負う事になる。

我欲のみの暴走は、終わりを既に抱えて生きる事。

お前が他者の家系を壊すから大運に乱れが起きてくる。

好きになるのは自由、好きになり犯した間違いを続けるのは外道、その事を学ぶ必要がある。

を結果を汚してしまう事になるからだとわかる。

まずは学んで欲しい。

すべてを追い詰めないために。

ですねんな