D13採卵

こんにちは。さくらです。

うちの会社は3日分の夏季休暇をもらえるのですが、今日はそのうちの1日分を使ってお休みをとり、採卵しにいってきました。

朝8:10に到着すると、旦那さんに家で採精してもらった容器を預け、血圧を測ってしばし待機。

するとナースセンターへ呼ばれ、いつものように諸注意を受けた後にロッカーへ移動してお着替え。

今日の採卵の順番は4番目でした。

呼ばれるまではリカバリーベッドに寝転がりながら、枕元に置かれていた患者さんの感想ノートを読んでました。

ほんと、ここへくる患者さんはみんな、想いは一緒なんだよねぇ。

ようやく採卵、あるいは移植まで漕ぎ着けたことへの喜びと安堵。この先どんな結果が待っているのかという不安と期待。

待合のソファに座っている患者さんたちは私も含めてみんなポーカーフェイスだけど、心の中では一生懸命、葛藤と戦ってるんだよね。

なかには流産や死産を経験しての再チャレンジという人や、年齢ゆえに今回を最後と決めていますという人もちらほらいて、そういう方たちの想いを読むたび、ちょっとジーンと来てしまいました。

そして感想をノートに残している人の多くが綴っているのが、クリニックの先生やスタッフへの感謝の言葉。他院から転院してきましたが、ここのスタッフはみんなやさしい癒されるという感想が圧倒的に多いです。

私もかつて、1人目の不妊治療を始めた当初は別のクリニックにお世話になったけど、たしかにここのクリニックに転院してきてこんなに看護師さんがやさしいなんて!とちょっと感動したことを覚えてます。

まあ、ここのクリニックにかつていたドクターの中にはめっちゃ嫌な人もいて、その人のせいで院内で号泣したこともあったけど笑こちらを参照、幸いその先生は独立開業されてもうここにはおらず、おかげで私はまたあの先生に当たったらどうしようと怯えることなくこうして毎回通えています。

このクリニックに出会えてよかったなー。ほんと、不妊治療なんて好き好んでやるもんじゃないけど、どうせやるなら居心地のいいところで、やさしいスタッフさんに見守られながら取り組みたいものです。

ベッドに横になってノートをむさぼり読んでいるうちに私の番が近づき、看護師さんに呼ばれてオペ室前へ。間もなく中へと通され、薄暗がりのオペ台へと上がりました。

今日の採卵担当はF先生。淡と手技を進め、膣を消毒するといよいよ穿刺です。

モニターに映し出された左の卵巣には、かなり大きくなった卵胞が1つ。

穿刺の瞬間はちょっと痛みがあったけど、あとは痛みもなくスムーズでした。

吸い取った卵胞液を看護師さんが培養士さんに手渡しながら1リンスと軽やかな掛け声。その間、先生は卵巣の様子をチェックしてくれていましたが、他に採卵できそうな卵胞は見当たらず、この1リンスだけであっさり終了でした。

はぁ、また1コかー。今周期は最初からせいぜい1コだなと思ってたからサプライズはなかったけど、たったこの3mlの1リンスを採るだけで総額17万円でっせ。いや、カネじゃない、カネじゃないってことはわかってるよ。これは未来の新しい家族を迎え入れるために必要な上納金なんだって。でもさー、まあ、ぶっちゃけ高いよね笑。

どこまでも冷静なさくらさんは採卵できた高揚感で感極まることもなく、いやぁ、この1刺しで17万か、たっけぇなぁと腹の内で思いながらリカバリーベッドへと引き揚げたのでした。

しばらく休んだあとで着替えをすませて待合へ。今回はおもったよりも早く培養士さんに呼ばれ、今回の結果が告げられました。

成熟卵、1コ。

旦那さんの採精結果も問題なく、今回もふりかけで培養してもらうことにしました。

ここまでは想定通りの展開だったんだけど、その後のF先生の診察で思わぬ展開が。

先生さくらさん、今日はおつかれさまでした。今回は成熟卵が1コということでね、分割をまってから2日後に戻しましょう

さくらはい。え?

先生ん?

さくらえーと、今回も胚盤胞まで育てるんじゃないんですか?

先生胚盤胞まで育てたい?

さくら育てたいかどうかと言われると微妙ですけど、前回の採卵のときから、今後は胚盤胞まで育てて受精卵の質を確認して戻すってことになったんじゃなかったんでしたっけ?

先生まあ、胚盤胞まで育ててもいいんですけど、初期胚で戻しても胚盤胞まで育てて戻しても、着床するときは着床しますからね

さくら胚盤胞まで育てたほうが着床率が上がるんじゃないんですか?

先生まあ、そうしたほうがいい人もいますね。たださくらさんの場合、お1人目のときは初期胚で戻して妊娠できたわけですから、着床障害ということは考えにくいですからね

さくらそうなんですけど。2人目の治療を始めてからこれまでに2回移植していて、1回目は着床はしたけれどそこから育たず、2回目は着床すらしなかったという結果でした。そうであっても、今回も初期胚で戻していいもんなんでしょうか

先生んー、まあ、もし胚盤胞まで育てたいということならそれでもかまいませんよ。要は、子宮の中で育てるか、培養室で育てるかの違いだけなので。どちらにします?

さくらえーとそれ私が決めるの??

先生あえてどちらがおすすめですかと訊かれれば、今回は初期胚で戻していいんじゃないかと思いますけどね

さくらそうですかー、うーん、そうですかー。うーん、うーんじゃあ、そうしようかなぁ

このときの私の気持ち、わかってくれる?これ超悩むよ。

2人目不妊治療を始めてすぐのころの私だったら、きっと迷わず初期胚で戻すことを選んでいたと思う。1人目のときは1回目の初期胚移植で妊娠できたから、自分の着床力そんなものがあるのか?には多少の自信があったから。

でも、その後2回の移植で失敗。年齢とともに着床力も衰えたかと自信を失いかけているだけに、ここはひとつ胚盤胞まで育てて、少しでも生命力の強い胚を戻したほうがいいのかもという気持ちもある。

それに加えて、スケジュール調整の問題もある。

実は明日からの3連休で、私の実家に娘を連れて二泊三日で帰省する予定なんですよねー両親に孫の顔を見せてやりたくて。

もし2日後の初期胚移植ということなら、休日なので仕事のことを気にする必要がない点は助かるけど、受精確認分割確認の電話結果しだいでは、娘を実家に預けたまま私は土曜日に都心まで電車で2時間弱の距離を往復しなきゃいけなくなる。

もし5日後の胚盤胞移植なら、実家への帰省期間は憂いなくのんびり過ごせるけど、連休明けの火曜日に仕事を抜け出さなきゃいけなくなる。

うーん、なやむー。

先生を前にして頭を抱えましたが、結局、先生のあえてどちらがおすすめですかと訊かれれば、今回は初期胚で戻していいんじゃないかという言葉を信じて、2日目の初期胚で戻すことにしました。

そう決めたもう一つの理由は、前回の採卵周期つまり2周期前のことがちょこっとだけ引っかかってたからってのもあります。

あのときは、初めて胚盤胞まで育ててから移植する計画だったわけですが、結局、胚盤胞へは到達したもののそこで成長がストップしてしまい、残念ながら移植できずじまいでした。

その結果を電話口で聞いたあと、もしあの卵を初期胚で戻していたら、もしかしたら止まることなく成長していたかなと思ったんですよね。

検証しようもないことだから誰も確かなことなんて言えないけど、お母さんのお腹の中じゃない環境で成長を止めてしまった子に、心のどこかでごめんねという気持ちがあって。

そんなことがいろいろとあいまって、やっぱり初期胚で戻してもらおうと思ったのでした。

先生にはもうひとつ、気になっていたことを質問してみました。

さくらこれまでの経験から言って、ソフィアAを処方していただいた後の周期はけっこうコンディションがいいなという印象なんですけれど、ソフィアを処方してもらえるときと処方してもらえないときとでは、何が違うんでしょうか?

先生ひとつは、ホルモン周期でお薬を飲んでいるかどうかっていうのがありますね。レトロゾールを飲んでもらうとE2が抑えられ、FSHが上がって卵胞の成長が促されるっていう仕組みなんですね。そうすると、採卵した後でもFSHが下がってこなくて、次の周期で遺残卵胞が育っちゃったりすることがあるので、ソフィアAを飲んでもらって黄体ホルモンを補充するんです

さくらなるほど

先生ただ今回のさくらさんの場合、完全自然周期でお薬は飲んでもらっていないので、今日の採卵の後も特にソフィアAを飲む必要はないと思いますよ

なるほどー。疑問は氷解したけど

さくら以前、移植を予定していた日にP4の値が十分でなくて移植キャンセルになったということがあったんですが、今回もそうなっちゃったらやだなーとちょっと思ってまして。今日採卵してもらって、この2日で黄体ホルモンちゃんと出るでしょうか?

先生そうねぇ笑、そんなに心配しなくても大丈夫と思いますよ

さくらこの2日で何かできることってありませんか?

先生規則正しい生活を送るくらいしか、ないかなぁ

でたー、規則正しい生活。結局これしかないのよ、妊活中に本人ができることって。

先生に笑われながら診察室を後にし、お会計で17万円の大金を払って今日のミッションは終了。

うまくいけば、2日後に新鮮初期胚移植、か。

なんだろう、この、、、ぐるっと1周回って元に戻ってきた感じ。。

でも、悪い気持ちはしません。

憂いたり心配したりすることなく、よく笑い、よく食べ、よく寝て、その時どきに起きた事実を淡と受け入れるのみ。

40歳の妊娠率だとか、新鮮胚の着床率だとか、初期胚と胚盤胞の着床率の差異だとか、統計を見ればキリがないけれど、私にとってはただ受精するか分割するか移植できるか着床するかという50/50の確率があるだけなんだよね。

どんな結果が待っているとしても、浮かれも悲しみもせずに受け止めようと思います。

本日のお会計

再診料フロモックス錠1728

採卵消耗品40000

不妊治療私費118800

再診料ほか旦那さん分3466

合計163994円